経営事項審査

事項 経営 審査

☣ 詳細はこちらをご覧ください。

11

経営事項審査

事項 経営 審査

😎 このページ右側の「関連ファイル」からダウンロード願います。 経営事項審査は、経営状況分析申請と経営規模等評価申請の2つで、建設業者の実力を客観的に審査し、経営規模(X点)、経営状況(Y点)、技術力(Z点)、社会性等(W点)評価するということをお話ししました。

経営事項審査に関するQ&A

事項 経営 審査

🤟 経理処理の適正を確認した旨の書類の提出」を選択してもよいですか? 【Q41】 1級又は2級登録経理試験の合格者について、6ヶ月超える恒常的雇用関係は必要ですか? 【Q42】 建設機械の保有状況を確認するための特定自主検査記録表は、いつのものが必要ですか? 【Q43】 評価対象となる大型ダンプ車とは、どのような要件が必要ですか? 【Q44】 営業用の大型ダンプ車を主に建設業で使用しています。 2の経営規模等評価申請では、経営規模、技術力、その他の審査項目(社会性等)を審査します。

14

経営事項審査(経営規模等評価・総合評定値請求)

事項 経営 審査

😊 (経営事項審査結果の有効期間は、審査基準日 決算日 から1年7ヵ月です。

経営事項審査の改正に伴う経理士等の評価

事項 経営 審査

🖖 4 その他• 個人事業主は記載不要です。

7

経営事項審査に関するQ&A

事項 経営 審査

🚒 経営事項審査は、公共性のある施設又は工作物に関する建設工事(ただし、工事1件の請負代金の額が、建築一式工事にあっては1,500万円未満、その他の工事にあっては500万円未満である等いわゆる軽微な建設工事(建設業法施行令(昭和31年政令第273号)第1条の2)を除く。

8