『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

☣ 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語。

「源氏物語:若紫・北山の垣間見〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

🎇 」とうち泣きて、 また(そこに)座っていた年配の女房が、「ごもっとも。 まず、泣くのは誰ですか? この前のセリフは内容から、明らかに尼君で大丈夫ですね。 光源氏を見ている視点から、徐々に光源氏の視点へ まずは青く塗ったところですね。

15

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

⌚ それにしても、大変美しい子どもであった、どのような人なのだろう、あの人の御代わりに、明け暮れの慰めにあの子を見たいものだ、と思う心が深くなっていきました。

15

源氏物語『若紫/北山の垣間見』現代語訳(1)(2)

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

☝ それから、「ものを」が二回出ています。

13

源氏物語源氏物語の小柴垣のもとでの人間関係がいまいちつかめま...

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

😭 出典 若紫 わかむらさき 参考 「精選古典B(古文編)」東京書籍 「教科書ガイド精選古典B(古文編)東京書籍版 1部」あすとろ出版. どうしてでしょうか。 いみじく=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形。 何かにつけて、数え切れないほどにつらいことばかりが増えていくので、すっかり悩み込んでいるのを、帝はますますお気の毒にお思いになられて、後凉殿に以前から控えていらっしゃった方々(意地悪をしていた方々)の部屋を他に移させて、上局(桐壺の更衣専用の休憩所)としてお与えになられた。

10

源氏物語源氏物語の小柴垣のもとでの人間関係がいまいちつかめま...

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

🤩 係り結び。 [現代語訳] この御子が三歳におなりの年に、御袴着の儀式が行われたが、一宮がお召しになったのに劣らないほど内蔵寮・納殿の御物を派手に使って、とても盛大に執り行われた。

19

「源氏物語:若紫・北山の垣間見〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

⌚ 人より先に参り給ひて、やむごとなき御思ひなべてならず、御子たちなどもおはしませば、この御方の御諌めをのみぞ、なほわづらはしう、心苦しう思ひ聞えさせ給ひける。

源氏物語『若紫/北山の垣間見』解説・品詞分解(2)

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

📲 みんなが大騒ぎする感じ。 」とて、 尼君は、(女の子の)髪をかきなでながら、「櫛ですくことを嫌がりなさるけれども、きれいな御髪ですこと。

14

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

の 源氏 物語 語 訳 北山 垣間見 現代

🤘 楽天AD [古文・原文] この御子三つになり給ふ年、御袴着(おはかまぎ)のこと、一の宮の奉りしに劣らず、内蔵寮・納殿(くらつかさ・おさめどの)の物を尽くして、いみじうせさせ給ふ。

4