神社で参拝の際に唱える祝詞の種類3つ

畏 かけ まく き も

🌏 祝詞は声に出して話すということが大切ですから、心を込めて唱えたいものです。 あれ、「祓詞(はらへことば)」って言うんです。

祓詞(はらへことば)とその意味を知っておく価値

畏 かけ まく き も

💓 神社の祝詞を唱える前にしておきたいものです。 神棚拝詞【かみだなはいし】 一例 此の神床に仰ぎ奉る 掛けまくも畏き 天照大御神 産土大神等の大前を拝み奉りて 恐み恐みも白さく 大神等の廣き厚き御恵みを 辱み奉り 高き尊き神教のまにまに 直き正しき眞心もちて 誠の道に違ふことなく 負ひ持つ業に勵ましめ給ひ家門高く 身健に 世のため人のために盡さしめ給へと恐み恐みも白す 読み下し文 このかんどこにあおぎまつる かけまくもかしこき あまてらすおおみかみうぶすなのおおかみたちのおおまえをおろがみまつりてかしこみかしこみももうさく おおかみたちのひろきあつきみめぐみを かたじけなみまつり たかきとうきみおしえのまにまに なおきただしきまごころもちて まことのみちにたがうことなく おいもつわざにはげましめたまいいえかどたかく みすこやかに よのためひとのためにつくさしめたまえとかしこみかしこみももうす 神棚拝詞(現代語訳) この神棚に仰ぎまつる、言葉に出し心にかけて申し上げることも恐【おそ】れ多い、 天照大御神【あまてらすおおみかみ】、この土地にお鎮まりになっている産土【うぶすな】の大神の御前を拝して謹んで申し上げます。

10

Q07 神棚にお参りするときは何と言ったらいいのですか?

畏 かけ まく き も

🍀 とてもキュンとします。

9

祓詞(はらいことば)

畏 かけ まく き も

✋ そりゃ、読めないですよね。

神社で参拝の際に唱える祝詞の種類3つ

畏 かけ まく き も

⚓ 祓詞(はらえのことば、はらえことば)とは、の前に必ず行われるの時に唱えられるの一種。

祝詞:祓詞 はらえのことば

畏 かけ まく き も

💔 だって、これから神社でお祓いをしてもらうときに、今まではただ終わるのを待っていた意味の分からない祓詞の時間が、言っていることが分かる時間に変わるんですから。 古文って、外国語と同じように勉強しなきゃならないってことに気づいたの、大学生になってからだったんですよ。 なまじ漢字と平仮名で書いてあるから、日本語のフィーリングで読めばなんとかなると思って、覚えなきゃならない文法や活用や単語を一度も覚えたことがなかったんです。

3

祝詞:祓詞 はらえのことば

畏 かけ まく き も

👀 それから、神様の呼び名も変わり、少しまた距離を近づいた様子。 祓詞 神社でお祓いをしてもらうとき、最初に神主さんが「かけまくもかしこき・・」って言うじゃないですか。

3

祓詞(はらいことば)

畏 かけ まく き も

⚑ 神々の広く厚い御恵【みめぐ】みをもったいなく思い、高く尊い神の教のとおり素直で正しい真心によって人の道を踏みはずすことなく、 自分たちが、従事する勤めに励むことができます様に、また、家が栄え、家族も健康で世のため、人のために尽くさせてくださいと、 恐【おそ】れ畏【かしこ】んで 謹んで 申し上げます。 そんな梨子の前に穴に落ちた一匹の犬が。

12